--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告Edit
2011.05.17.Tue






ここはまったりとしたかんじのバー。
カウンターでのんびりしてたら、老齢のおじさんに声をかけられて、いろいろコミュニケーション。
ここの常連さんで、数マイル先に住んでるそうな。

しかしうちの英語力がないうえ、このおじさん早口&アイルランド訛り&たまにゲール語も混ざるので、なかなか巧く会話できず。くやしい。
っていうか、ゲール語なんか簡単な挨拶とチーフタンズの定番MCくらいしか知らーん!わからーん!
でも、なんとか「乾杯しよう」というのはわかったので乾杯。
さらに喋ってるうちにギネスを一杯奢ってくれはって、もういっかい乾杯しようと云われたんで「日本語では『カンパイ』って云うねん」と云ってみて、二回目は日本語で乾杯。

チーフタンズの話題で盛りあがったり、どっかおすすめスポットありますかと訊いたり。(ギネス愛のこのおじさんは迷いなくギネス工場を勧めてくれはった。筋金入り。笑)

そのうちに酔ったんか、アンタってフレンドリーで可愛いなあとまで云ってくれて、別れ際に「逢えてよかったー、あしたも来てよー」と云いながらハグ&キスまでしてくれた。
想いっきりファンデーションの味がしたのではないかと想われ。すんません。

こういう出逢いって噂には聴いてたけど、ホンマにあるんやなあ…。


ちなみに、ここではドリンクを頼むと勝手にソーセージ&フライドポテトがついてくる。
揚げものアカンねんなあと想ってたけど、このフライドポテトは揚げものというカテゴリのものではない。
あくまでもジャガイモ。
一緒に喋ってたおじさんにも、こんなフライドポテト初めてでちょっと感動、と云ってしまう。笑。


irelandEdit
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。